35歳 平均年収 結婚資金

35歳の平均年収 結婚資金はどれくらい?

35歳ともなるとある程度の年収を得ている人もいますので、結婚資金に関して心配する人は少ないようです。
むしろ、35歳で結婚を迎える場合、そこから出産・養育を経ることになりますので教育費用の心配が発生してきます。

 

公立中心の教育課程を経ても、大学卒までに1000万は掛かると言われています。
また、場合によっては子育てが終わる前に定年を迎えることになりますので、
収入に限りがあるなかでの教育費をねん出することになるので、家計はなかなか厳しくなります。

 

ですので、定年と子育て終了は理想は同時期に迎えることでしょう。
しかも定年後の資金として3000万円は見ておきたいところです。

 

そう考えると、多少子育ての資金繰りが難しくなりますが、30歳ころには結婚と出産は迎えておきたいところです。
もちろん世帯の収入も違いますので、一概には言えません。経済的に豊かな世帯があれば、子育てどころではない世帯もあります。

 

子育ては計画的にしたいこところ。愛情だけでは子供は立派には育ちません。
経済的な基盤もないうちからの出産・子育てはしないようにしましょう。


このページの先頭へ戻る